ー未来を創造するー あと施工アンカー工事、コア工事、耐震補強工事のことなら株式会社フォーライフ

引張試験

  • HOME »
  • 引張試験

引張試験

改修工事・耐震補強工事のあと施工アンカー打診後の品質検査を行う為の作業です。
この試験は、本設のアンカーを対象として行う非破壊試験と試験用に設置したアンカーを対象として行う、破壊試験とに大別されます。(一般的に非破壊試験を行っています。)

非破壊試験

非破壊試験は、施工した全本数の0.5%以上または3本以上を1ロットとして引張試験を行います。
試験の実施は、管理者が立会いのもと本試験として行います。

<判定基準>
(1)設計引張強度まで引張加力を行い、この荷重に対してアンカーの抜け出し等の過大な変形を起こさず耐えられれば合格とします。

(2)耐震補強工事の場合には、一般的に破壊荷重の2/3を検査荷重とし、この荷重に対してアンカーの抜け出し等の過大な変形を起こさなければ合格とします。

検査の種類

目視検査
アンカーの種別・径・施工位置・本数・角度・母材からの突出寸法等を施工図と照合し、目視にて確認します。

打音検査
施工されたアンカー筋をハンマーで叩き、その打撃音が高い金属音か、鈍い金属音(濁音)かにより、アンカーの固着状態を判定をします。

 

引張試験実施
IMG_0317
引張試験実施
IMG_0314
引張試験加圧
IMG_0312
金属系アンカー引張試験実施
IMG_0287

お問い合わせはこちら TEL 03-5876-5935 【受付時間】8:30 - 17:30(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © フォーライフ All Rights Reserved.